So-net無料ブログ作成
検索選択

青函トンネル入口広場というスポットに [地域・観光]

北海道新幹線開業してまだ半年も経っていませんが、私が幼少期の頃を考えると、津軽半島を新幹線が走るなんて想像もできないことでした。

しかし、今は現に新幹線が走っています。

北海道新幹線の青森県側にも駅がひとつあります。

奥津軽いまべつ駅です。

この駅のとなりにある道の駅「アスクル」を訪れる人がかなり多くなっているというのは、仙台にいても新聞記事で知っていました。

今回の帰省中に奥津軽いまべつ駅もアスクルにも行ってみましたが、どうしてそこが人気があるのか私には理解ができませんでした。

また、奥津軽いまべつ駅からそんなに離れていないところに(とは言っても、車じゃないと移動は無理)、青函トンネルの入り口があります。

DSCN0232.JPG

ちゃっかりと、青函トンネル入口広場という観光スポットにしています。

まず、たしかに青函トンネルの入り口があります。

DSCN0230.JPG

DSCN0229.JPG

ここにトイレや新幹線を見るための展望台などがあります。

展望台の向こうには広場があるみたいですが、あまり暑くない時期だったら利用する人も多いかもしれません。

しっかりと売店もありました。

親切に新幹線が通過する時刻表の掲示もあります。

我が家はここでは新幹線を見ることはしませんでした。

なぜなら、仙台駅のすぐ近くで毎日何度も新幹線が走るのを見ているからです。

でもそれはあくまでも新幹線を見慣れている人間の目線であって、この辺の人たちにとってはやはり新幹線は当たり前のものではないのです。

だからこういう展望台とかを設置するし、新幹線の駅というだけで行ってしまうのです。

たしかに年月を遡るほど、新幹線がここを走るなんて考えられなかったことですから。

おそらく来年には我が家は北海道新幹線に乗って函館に行くと思います。

DSCN0231.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。