So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車死亡事故、運転者に4700万円の賠償命令 [政治・社会面]

昨日からニュースでたびたび報道されていました。

信号を無視して交差点に進入した自転車が歩行者と衝突して死亡させた事故で、東京地裁は自転車の運転者に4700万円の支払いを命じました。

たかが自転車による事故なのにどうしてこんなに高額な賠償になるのと思われる方も多いと思います。

自転車は子供からお年寄りまで運転免許なしで気軽に乗れるものという意識があるからです。

でも自転車を叩きつけて相手を死なせた場合はどうでしょうか。

きっと高額な賠償命令が出るだろうということは容易に想像できます。

つまり自転車は便利な乗り物であると同時に簡単に凶器にもなるということです。

普段車やバイクを運転する人が自転車に乗る場合と、自転車しか乗ったことがない人が自転車に乗る場合もまた違います。

安全に対する意識が違うのです。

一生を棒に振るような加害者にならないためにも、面倒だけど、自転車も免許制にしてよいのかもしれません。

CIMG6072.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。